理性を保つ難しさ

アダルトビデオの影響を受けて、もしくは真似て犯罪性のあることをする人間は稀にですが居るようです。(盗撮や痴漢などです)
確かに、アダルト作品の中には、痴漢行為をする「痴漢物」と呼ばれるものであったり、レイプ行為をする「レイプ物」と呼ばれるようなジャンルが有りますが、ああいったことはあくまでフィクションの世界のことであり、現実に行えば当然捕まって刑罰が下ります。

電車に乗っている際に、ついふらっと、アダルトビデオのワンシーンが頭によぎり、出来心で痴漢をしてしまったりする人がいる可能性は否定できません、フィクションだとわかっていながら理性を保つのが難しいと感じる場面もある可能性はあります。

しかし、現実と虚構の世界は当然違いますから、実際にそういう行為をしたらどうなるか、アダルト作品などでも、最初に書かれているので、そういったことを思い出し、理性を保つようにする必要と義務は当然あるのです。
そう考えると、精神的に未熟な18歳い未満の青少年に対する規制は正しいもののように感じます。

自分だけですまない

初めて彼女が出来てセックスをする場合、恐らく男性の場合は、参考程度に思い出すのはアダルトビデオなどだと言えます。
しかし、ああいったアダルトビデオの内容となっているプレイは、あまり一般的とはいえませんし、女の子の反応だって演技によるところが大きいです。
あくまでフィクションの商業用のコンテンツですので、過剰な演出やプレイも作品のうちなのです。

そういったことからも、アダルト系の動画があまり実際の性行為とは関係ないものだということが判ります。
男性も女性も初めて同士だった場合、男性側がアダルト系のコンテンツを参考にしてちょっとアブノーマルなセックスをして、女性側もそれとは気が付かずにそういうものだと勘違いする可能性だって零ではありません、自分だけの勘違いでは済まない事態にもなるので、なるべく、アダルトビデオなどを参考にした性行為にするのは如何なものかと思います、アダルトコンテンツは性交の教本とはなり得ないと言えます。

アダルトビデオを参考にしては

青少年にとってアダルトビデオなどの影響は大きいいように感じます。
ああいった作品で行われているような性行為を参考にするのは若干誤りがあるように感じます。
実際に彼女が出来て、いざセックスをしようとした際に、一般的ではないアダルトビデオで行われているようなプレイの影響を受けて、偏った性行為をしてしまうなどする場合もありますから、ああいった作品は実際の一般的な性交の参考にはならないと感じます。

例えば、ああいった作品に出てくる女優さんはプロと言えますから、そういった演技も当然得意で、快感を感じているような演技もできます。
それをフィクションであるはずのところを勘違いして、女の子なら性行為に積極的で性行為をすれば気持ちいいなどと思い、無理のあるプレイを強要して、引かれたり、嫌われてしまう可能性だって有ります。

そのようなことを考えてみると、ちょっとした参考程度ならいいかもしれませんが、アダルト系の作品と実際のセックスは分けて考えたほうが無難だと言えます。