願望は実現できないものだと思え

アダルトビデオの影響などを受けて、犯罪行為に走ったり、セックスの際にきわどいプレイを求めたりするなど、アダルトコンテンツに関して、18歳になっていないような青少年に与える影響は大きい物のように感じます。
もっとも、18歳以上だったとしても、影響を受け、現実と虚構とがごっちゃになるような人間も極稀にですが居るようですから、未成年だから犯罪に走る可能性があるというのも間違った見識かもしれません、ただ、やはり心も体も未熟なうちにそういったコンテンツに触れる場合の影響は成人よりも大きい可能性はあります。

アダルトビデオや雑誌などに出てくる出来事はあくまでフィクションであり創作物ということを忘れてはいけないのです、確かに、性的にそういった願望のようなものはあると言えますが、願望はあくまで願望であって実現すれば犯罪になるということを忘れないようにした方がいいのです。
アダルトビデオなどにはそういった過激な描写で、実際に行えば捕まってしまうような表現も多分に含まれているので、まだまだ性的知識が十分ではなく多感な年頃の学生、青少年が真に受けて、そのような行為をしてしまう可能性がある以上、やはり背負う入ったアダルトコンテンツを規制することは致し方ないようにも感じます。

アダルトビデオなどのコンテンツをセックスや性交知識としている場合いざ本番という時に偏った性知識で成功しようとする可能性もありますので、そういう場合もやはり問題です。
「パイズリ」や「フェラチオ」、「アナルセックス」などのマニアックなプレイが当たり前だと思い、相手の女性に強要するなどした場合、破局もありますし、嫌われてしまうという可能性もありますので、そういう願望はあっても抑えるべきかと思えます。

ちなみに、他の国であった場合でも、若干の違いが有りますが、18歳以下の子供はアダルトコンテンツを規制したりしています。
国や地域によってもまちまちですが、やはり18歳が多いようです。(20歳以上であったり16歳であったりする場合もあります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です