性教育としての教本ではない

よく、青少年などはアダルトビデオを性教育の教本だからという言い訳で(おふざけでしょうが)試聴する事がまま有りますが、アダルトビデオなどのコンテンツは一般的な性教育の教材とは成り得ないのです。
なぜ「性教育」としての教材になり得ないのかですが、それはそもそもの方向性が違うからと言えます。
性の教育の教材とは、あくまで参考資料程度で、公序良俗に反しない程度の一般的な知識情報としてのものがほとんですから、アダルトビデオなど、そういった情報満載の性的欲求を満たすためのコンテンツとは全く別のものだと考えて間違いありません、エロ動画や、エロ画像には性的な欲求を満たす効果はあっても、本当の必要な性知識の情報は乏しい物がほとんどだと言えます。
そもそも、そういった性的教育としての教材として制作されたわけではないので当たり前といえば当たり前です。

一般的に世間に存在しているアダルトビデオなどのコンテンツ、エッチなDVDやビデオ書籍などですが、性交をするだけというわけでもなく、当然フィクションではあるのでしょうけど、犯罪的な描写がある時点で、青少年に悪影響を及ぼす可能性があるので、そういった点も教材として不適切なことといえる可能性があります。

それでは、現在教育の現場で使われている教本などはどういった内容になっているのか?倫理的に大丈夫なのかなども気になるところですが、先程述べたようにあくまで性的欲求を掻き立てられるような描写はないのはもちろんのこと、どうやって子供が生まれるのかや、性器の名称や精通のことなど、本当に最低限の性的知識を学べるようになっている印象があります。
ただし、教材によっては、性器のイラストがリアルに書かれている教材、映像も存在しているので、そういった点で心配になることもあるようです。
性的教育に対する教本としては不適切と思われる可能性はあるのですが、将来成功をする倍、避妊をする場合などの行為は重要な事ではあるので、仕方ない部分もあるように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です