間違ったことを覚えてしまうかも

まだ未成年といえる学生などは、性に関して当然多大な関心がある年頃だと言えますが、日本では18歳未満の青少年、少女はアダルトビデオなどを始めとしたコンテンツを見ることを規制されています。
しかし、どうしても規制されていたとしても、そういったコンテンツを見たいという衝動に駆られることはままあり、高校生くらいになれば、アダルトビデオやアダルト雑誌、アダルト系の漫画などのコンテンツを普通に見ているということは当たり前のようになりつつあると感じます。
しかし、まだ青少年といえる年齢ですから、性教育として考えた場合、誤った知識を持つ可能性があるので、そういった点に懸念を覚えるという方も多いのではないでしょうか?
正しい性交、セックスとはどういったものか分からないということにもなりかねなく、アダルトコンテンツで行われているような行為が間違ったことであった場合でも、あたりまえのことだと勘違いしてしまう可能性は十分にあります。

実際に、そういった若者は多いという一部のアンケート結果も出ていて、AVの影響を受けすぎていて、その性行為が普通のセックスと勘違いしているという若者は多く、そういったことからもわかるように、若干間違った性行為を覚えてしまう可能性もあるのです。
アダルトビデオなどを始めとしたこういったコンテンツは、ユーザーの性欲を満たすために過剰な演出や派手な演出をしている作品が多くあるのです。

アダルトビデオなどによって影響を受けすぎた場合、いざ女の子とセックスする場合自分ではあたりまえだと思っている行為も間違ったことと気が付かずに、女の子にとって受け入れがたい行為を強要していると感じさせてしまったり、萎縮させてしまったりする可能性は十分にありますから、そういった点でも問題があるように感じます。

セックスなどの性行為以外でも避妊に対する知識などでも、しっかりとした性教育を受けておかなければ間違った知識により、後々後悔することにもなりかねない事を考えれば、アダルトコンテンツなどをセックス、性行為の資料とするのは危険性もあると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です